まだある!身近なものでPH測定

まだある!身近なものでPH測定

まだある!身近なものでPH測定

身の回りにある食品で酸性・アルカリ性を測定できるものは、他にもあります。

紫キャベツと同じように使える意外なものが、ナスの皮。

ナスの表面を紙やすりで削り、そのまま水につけると紫色の水ができますよ。

色の反応は紫キャベツと同じで、酸性で赤、アルカリ性で緑に変化します。

PH測定液を作っても、どんなもので試せばいいか分からないという場合は、酢と石けん水から始めてみましょう。

酢を入れるとピンク色、石けん水で緑色になります。

もっと手軽に、紅茶で試すこともできますよ。

おそらく、普段の生活の中でもすでに目にしている光景です。

紅茶にレモンを入れた瞬間、色が薄くなりますよね。

これは、レモンが酸性だからなんです。

レモン以外でも、酸性のものに反応すると紅茶の色は薄く変化するので、いろいろと試してみてください。

また反対に、紅茶にアルカリ性のものを入れると色が濃くなります。

紫キャベツやナスの液は、ドライアイスの実験と組み合わせることも可能です。

ポリ袋にドライアイスを入れて膨らましたところへ、紫キャベツやナスの汁を入れます。

すると、ピンク色に変化するんです。

これは、二酸化炭素に溶けると酸性になるからです。

普段意識しないもの周りのもののPHですが、調べてみるといろいろな発見があって楽しいですよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional