サイエンスって何?

サイエンスって何?

サイエンスって何?

サイエンス、つまり「科学」は、本や教科書で難しい知識を覚えることではありません。

毎日の生活の中での不思議なこと、面白いことの秘密を知ることがサイエンスなのです。

時には、仕組みを知るために少し難しい知識が必要になることもあるでしょう。

でも、それは「不思議の解明」のためですから、楽しみながら身に付けていけばいいのです。

ではどうやって、サイエンスの世界に入ればいいのでしょう?

まずは、日々の生活のなかで当たり前に見かける光景に、「なぜ」をぶつけてみてください。

どんなことにも、必ず理由があります。

その理由にさまざまな科学の仕組みが隠されているのです。

子供の頃のような素直な心で「なぜ?」の気持ちを持つと、毎日は不思議に満ちたワクワクするものに変わっていくはずです。

「理科離れ」が時々ニュースになりますが、「なぜ?」の気持ちを持った大人が増えれば、子供たちも同じようにサイエンスの心を持ち、考えるようになるでしょう。

誰もがみな、もともとは「科学する心」を持っているはずです。

きっと、忙しすぎて便利すぎる世界の中で、忘れてしまっているだけなのです。

もう一度、サイエンスの心を思い出してみませんか?

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional