懐かしい!草花遊びをしませんか?

懐かしい!草花遊びをしませんか?

懐かしい!草花遊びをしませんか?

草花を使った様々な遊び。

親から子、孫へと伝えられてきた、自然の楽しみ方です。

自然が少なくなり、都会では野の花を摘める場所もあまり見かけなくなってしまいました。

それでも、庭の片隅や小さな空間などに、野の花は健気に咲いています。

そんな花を使って、懐かしい遊びをしてみませんか。

花を使ったアクセサリーに使うのは、タンポポとシロツメクサが定番。

茎が太くて加工しやすいからです。

ブレスレットやネックレスを作る時は、茎を長めに切って、隣の花の茎に結び付けながら繋いでいきます。

最後は、目立たないように反対の端にうまく結んで仕上げます。

シロツメクサをベースにしてアクセントにタンポポを入れるのも可愛いですよ。

指輪なら、もっとシンプル。

タンポポの茎を二つにさいて、両端を結ぶだけでOKです。

タンポポの茎は、さいて水につけるとクルッと丸まります。

この性質を利用した遊びもありますよ。

両端を4つにさいて水につけ、茎に細い木の枝を通します。

横から吹けば風車、川の中につけると水車です。

また、片方の端だけを丸めて、吹き玉遊びもできます。

たまに使うのは、桜などの軽くて小さい木の実がやりやすいと思います。

自然がくれたものを大いに活用して、季節を楽しんでみてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional